女性

いぼを切除する時は美しい見た目のレーザー治療を

紫外線を防いで首いぼ予防

ウーマン

首のまわりに吹き出物のように首いぼはできます。吹き出物だろうと放置していたら、だんだんと黒ずみが目立つようになり、さらにいぼが大きくなってしまって切除したという体験談がよくあります。首いぼができるのは原因があります。紫外線やネックレス、衣類などが擦れて傷ついた首の肌に首いぼはできてしまいます。首いぼのほとんどは老人性疣贅といういぼで、老化現象が原因で起きるため体に大きな害はありませんが、痛みが伴う事や見た目が気になる女性にとっては、首いぼは切除したいほどになるので放っておいていいものではありません。痛みがあればなるべく早く切除した方が良いです。ネックレスを付けているといぼに引っかかって痛みを感じたり、手触りや見た目がざらざらしていたりするのはどうしても気になってしまいますよね。できてしまったいぼを切除するよりも日頃から首いぼができないように予防しましょう。首いぼは紫外線による皮膚の傷つきが原因なので、紫外線対策をしっかりすることで首いぼを防ぐことができます。首周りの紫外線対策を重点的に紹介したいと思います。まずは、なぜ紫外線が原因でいぼができてしまうのかを知りましょう。紫外線は肌に大きなダメージを与えて老化の原因を引き起こす肌の天敵です。紫外線ができたシミにダメージが加わることで膨らんで、それがいぼになることがあります。首いぼを含めた、いぼの原因のほとんどは紫外線による肌のダメージが原因とされています。また、紫外線は肌の表面でなく内面にもダメージを蓄積させていきます。紫外線対策はすべてのいぼに効果をもたらします。では、紫外線の対策方法について紹介していきます。まず首元はできるだけ紫外線を浴びないように、UVカットが施されたスカーフなどを身につけて日光を浴びることを避けましょう。紫外線カットするUVクリームを肌が露出する範囲には必ず塗って紫外線対策をして、いぼができる原因を作らないようにしましょう。しかし、スカーフは材質によっては首に刺激を与えて肌にダメージを与える可能性があるので、なるべく肌に優しい素材のもので紫外線を防ぎましょう。また、エビやカニなどの甲殻類の殻に含まれるアスタキサンチンは、紫外線予防効果が強いとされています。アスタキサンチンが配合された美容液やクリームを日常から使用することで、紫外線対策をすることができます。それに加えて保湿成分もあるため、肌の摩擦を減らすことができるので首いぼの予防にはアスタキサンチンが配合された美容液やクリームが最適です。