女性

いぼを切除する時は美しい見た目のレーザー治療を

家庭でできる首いぼケア

カウンセリング

首筋からデコルテのあたりにかけてできてしまうぶつぶつは何なのでしょうか。痛みは伴わないものの、煩わしく気になる事が多いと思います。それに加えて女性の方であれば首元の印象も悪くなり、オシャレをするにも抵抗が生まれてしまいます。このぶつぶつの正体は、首いぼと呼ばれています。首いぼは美容クリニックで簡単に切除することができます。首いぼは一度できてしまい、気になるようであれば早いうちに何とかしたいと思いますよね。その首いぼの正体は、紫外線に長時間あたり続けることやネックレスによる摩擦によって傷ついて固まった角質の塊です。首いぼは2つの種類に分かれ、角質が小さく固まりぶつぶつのようになっている状態をアクロコルドンと呼びます。もう1種類は大きく皮膚が突起したようなぶつぶつの状態でスキンタッグと呼ばれています。首いぼは一般的ないぼと同じく、皮膚が固まってできているぶつぶつです。皮膚の老化現象の一種なので決して体に大きな害があるわけではありません。しかし、美容に気を遣う女性にとって首いぼは気になるものですよね。そんな何とかしたい首いぼは、家庭で治療する方法があります。首いぼができる原因は、皮膚の乾燥や刺激、新陳代謝が低下することによりいぼが発生しています。これらを解消する効果的な薬を選び、使用することで自宅で首いぼの治療を行なうことができます。首いぼの治療薬は主に2種類あります。いぼを内部から消していくための内服薬と、物理的にいぼをはがすことができる軟膏の薬です。内服薬による治療は、新陳代謝によって生まれ変わる皮膚の最下層である基底層の状態を整えることによって、長期的な時間をかけて深層から肌のトラブルを解決する治療方法です。深層で皮膚を作る細胞に働きかけるため、効果を実感できるまで時間がかかります。しかし、首いぼだけでなく肌のトラブルに総合的に効果を実感できるため、毎日のケアや再発防止のためにも内服薬で肌を整える方法が良いとされています。もう一つは軟膏での首いぼ治療です。古くなった角質にピーリング効果のある薬を塗りこむことによって、角質自体をぽろぽろとはがしていく治療方法です。軟膏を塗って古い角質をはがした後は、首いぼが再発しないように保湿ケアを十分に行なうようにしましょう。上記で紹介した2つの方法は自宅で首いぼのケアを行なうことができます。首いぼは美容クリニックで切除することができるので、もし気になるのであれば切除で首いぼを除去することを考えてみてはどうでしょうか。それに加えて、首いぼだと思っていたが別の病気だったということが無いように、家庭で治療する時にも美容クリニックで相談をして、用法用量を守って治療薬で首いぼを治療しましょう。そして、美容を気にする女性であれば早いうちに美容クリニックでカウンセリングを受けて、首いぼを切除しましょう。